まりつら ~OLまりものつらつら日記~

お金を「貯める」「増やす」「稼ぐ」を目的としたブログです

『はじめての人のための3,000円投資生活』レビュー

こんにちは。
ごくごく普通の24歳OL、まりもです。

今回は「はじめての人のための3000円投資生活」のレビューをしたいと思います。

これまで10,000人もの赤字家計を再生した、家計再生コンサルタントの横山光昭さんの著書。
4つの章で構成されており、全部で29個の投資についての知識が掲載されています。1つのお話が見開き4~6ページで完結するので、非常に読みやすいのが特徴です。

それでは、書評にレッツゴー!

【目次】
1.この本はこんな人におすすめ!

2.よくある3つの不安にも、本書は答えてくれてます

3.他にもこんなことを教えてくれます!

1.この本はこんな人におすすめ!

結論からいうと、このような人におすすめの1冊になっています。

・ 投資についての知識が全くない人

・まずは少額の投資から始めたい人

・コツコツお金を貯めたい人

・株やFXは怖いけど、口座に入れておくだけだともったいないと思っている人

 タイトルにも「はじめての人のための」と書いてあるとおり、かなり初心者向けです。投資の知識でも、これを読めば動き出せる本となっています。実際私も、投資の知識全くない中でこの本と出会い、投資信託を始めて1年が経ちました!

また、この本で紹介されている投資は、積立型の投資信託なので、「ゆっくりコツコツと貯めていきたい」という方におすすめ。

反対に「すぐ結果が欲しい人」や「投資に関してすでに一定の知識を持っている人」には、この本は少し違うかも知れません。

2.よくある3つの質問にも本書は答えてくれてます

ここでは、初心者の方が疑問に思いやすい3つの質問に対して、この本ではどのように答えてくれているのかをご紹介します!

Q.どの証券会社を選べば良いの?

A.口座はネット証券がおすすめ!
 著者が特におすしているのが、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券です。以下、引用になります。

それぞれには次のような特徴があります。

SBI証券:商品が豊富で、売買手数料が全体的に安く、ネット証券の中では口座数が最も多い。夜間取引ができる

楽天証券楽天銀行と口座を連携させれば、ざまざまなメリットがあり、楽天市場で使えるポイントももらえる

マネックス証券:30万円以下の取引なら、SBI証券楽天証券よりも売買手数料が安いが、30万円を超えると、高くなる

カブドットコム証券:一般口座であれば、即日口座開設が可能。経営母体が三菱UFJファイナンシャルグループなので、安心感がある

 このように、初心者にとってやり方が分かりにくく、一歩踏み出すのに躊躇してしまうこともきちんと教えてくれます。
ちなみに私は楽天ヘビーユーザーであり、楽天銀行の口座も持っていたので、楽天証券を選びました!

Q.毎日価格変動を見ないと、売り時を逃しちゃいますよね?
A.いいえ。毎日価格を見られない人におすすめなのが、積立型の投資なんです!

投資を迷われている方の中に、「自分はめんどくさがりやだから向いていない」「小心者だから売るときに決断ができない」などと考え、投資を諦めている人はいませんか?
むしろ、あなたは積立型の投資に向いている人です!

以下本書からの引用になります。

まず、「面倒くさがり屋だ」「忙しくて時間がない」という人。
3000円投資生活であれば、最初に購入する金融商品(バランス型の投資信託)を決めてしまえば、あとはほったらかしで大丈夫です。(中略)

次に、「判断力がない」という人。(中略)
3000円投資生活は、売り時や買い時を瞬間的に判断し、短期間で利益を上げようというものではありません。
「すぐに使うことがないお金」を時間をかけて育てていくものです。
ですから、即断即決能力は必要ありません。
一時的に株価や債券の価格が下がっても、長いスパンで見れば回復する可能性は上がりますし、そのときが来るまでほったらかしにしておけばいいのです。

このように、一見投資に向いていなさそうな人でも、投資の方法さえきちんと選べば、全く問題がないということも、本書ではたくさん伝えてくれています。

Q.月々3000円で本当に利益が出るの?
A.少なくとも銀行に預けて得られる金利よりは、利益が出ています。

これに関して、少し語弊がないように補足すると、銀行の金利は非常に低い代わりに、確実にその金利はもらえます。しかし投資は金利の保証はありませんので、例えばリーマンショックのような大きな不況になった時は、一時的に元本割れになることもあります。なので、どのタイミングで売るかによっては、結果的に銀行でお金を預けていた方がましだった、ということもあるでしょう。


しかし、考えてみてください。
たしかにリーマンショックの時は非常に不況になりましたが、それが5年も10年も続いたでしょうか。
著者の横山さんもおっしゃっていますが、景気は長いスパンで見れば上向きになる可能性が高いです。
「今すぐ使わないお金を、長い時間かけて育てていく」それが積立型の投資信託なのです。

3.他にもこんなことを教えてくれます!

いかがですか?
少しは投資に対する不安がなくなった人もいるのではないでしょうか。

今紹介したのは、ほんの一例です。この本には計29個の小項目に分かれて様々な知識が記載されています。例えばこんな感じ

・投資は手間をかけない方が成功する

・「お金を貯められる人」がやっている、おかめが貯まる生活習慣

・絶対にお金を減らしたくないなら「国債」を買うべき

・金融機関の「おすすめ商品」は、絶対に買ってはいけない
                              (タイトル抜粋)

 私自身、投資を始める前はもちろん、投資をスタートした後にも何回も読み返している本になります。実際の投資活動記録はこちらをご覧ください!

www.marimooooo.com
きっとこの本は、投資生活をスタートしたいあなたの背中を押してくれると思います!
このサイトが少しでも何かお役に立てていたら嬉しいです(^^)